icon__keyword icon__new icon__pickup icon__sns-x icon__sns-facebook icon__sns-hatena-blog icon__external-link
HOME

導入コンサルタントは楽しい。多忙でも大変でも「気持ちいい」が勝る“やりがい”

導入コンサルタントは楽しい。多忙でも大変でも「気持ちいい」が勝る“やりがい”

私たちは VISION に「個を強く、チームを強く。」を掲げています。
一人ひとりが 一等星のようにキラリと光る魅力を持ち、チームスピリットの成長を牽引しています。
そんなチームスピリットを支えるお仕事人とお仕事ぶりをご紹介していきます。
今回ご紹介するのはCustomer Success Division、Onboardingチームで導入コンサルタントとして活躍している小澤真也(こざわしんや)さんです!

入社年と所属部署を教えてください。

2020年8月に入社し、Customer Success Division(以下、CSD)、Professional Service (以下、PS)、Onboardingチームに所属しています。

チームスピリットに入社してから約2年半はアカウントエグゼクティブ(法人営業)をしていましたが、2023年よりOnboardingチームで導入コンサルタントとして業務をしています。

チームスピリットに入社前は、どんな仕事をされていましたか?

大学卒業後は、SIer※1で営業をしていました。前職はIT商社で、メインはERP※2やサーバ、ネットワークなどのインフラ周りの営業を担当していました。ずっと営業一筋でしたね。

※1 SIer : System Integrator(システム インテグレーター)。システム開発のすべての工程を請け負う受託開発企業のこと。
※2 ERP : Enterprise Resources Planning(企業資源計画)の略で、現在では「統合基幹業務システム」「基幹系情報システム」を指す。

現在の担当されている業務内容を教えていただけますか?

私たちのメインのミッションは、新たにご契約いただいたお客さまの導入プロジェクトを立ち上げ、「チームスピリット」導入から本稼働できるようにすること。また、本稼働を迎えて運用が安定してきた段階で、プレミアサポートのチームに引き継ぐことです。

プロジェクトはお客さまにどのような課題やご要望があったのか、どういった提案をしているのかを担当営業から引き継ぎ、お客さまとキックオフミーティングを実施して開始します。

導入プロジェクトは短いもので3か月、長いものですと1年くらいの期間になります。
お客さまにも方針を決めていただかないといけないことや、作業していただくことが多々あるので、最初に立てたスケジュール通りにプロジェクトを進められるかは、私たち導入コンサルタントの力が試されるところになります。

お客さま側での検討事項が決められていなかったり、設定が進んでいなかったりする場合も多いので、「このペースでは間に合わないですよ」というのを上手にお伝えし、誘導するスキルが必要です。

技術的な知識が備わっていることは大前提ですが、プロジェクトマネジメント力も重要なスキルになります。

現在の業務はいかがでしょうか?

チームスピリットの導入プロジェクトはとても楽しいです!

パッケージシステムを導入する際に、お客さまの要件と適合している点と乖離している点を精査することを「フィット&ギャップ」と言います。

パッケージ製品の場合は、お客さまの要件を100%満たすことは難しいのですが、「このやり方だったら解決できる」だとか、「こちらのやり方の方がいい」とか普通にやればできないこともSalesforceを駆使すればできることもあるので、そこが導入コンサルタントの腕の見せ所だと思います。

お客さまのご要望と製品の機能との「ギャップ」を埋められた時、その方法をお客さまに提案して「それでいいよ」と納得してくださった時には、非常に気持ちいいです(笑)。

正直、私たち導入コンサルタントの繫忙期は会社で1,2位を争うくらい忙しいチームだと思いますが、この気持ちよさを知っているので頑張れますね。

所属されているチームの雰囲気について教えてください。

Onboardingチームの雰囲気はめちゃくちゃいいです!
個々のスキルが高いですし、その上で連携がいいのですごく強いチームだと思います。

私たちは導入から初期の運用まで完遂しないといけないので、いろんな意味で厳しい部分もあるのですが、このチームワークがあるからこそ、乗り越えられていると思います。

去年(2023年)の6月に産後パパ育休をとって、自分の案件を他の方に担当していただいたんですが、もうまったく何の不安もなく育休を取ることができました。

※産後パパ育休:お子さんの出生後8週間以内のうち4週間を限度に取得が可能な育児休暇制度。

スキルがあるのは前提ですが、Slackで分からないことを質問すると、みんなから「こうやったらできる」とか、「こうしたらいいんじゃないか」といったアイディアが出てくるので、すぐに解決ができます。

あと、それぞれ自分の導入プロジェクトを持っている中で、どうしてもやっかいな課題が発生するのですが、きちんとナレッジ化して共有しようという動きがあります。他の人にもいずれ出てくるであろう課題なので、これは重要なチームの資産になります。こういった動きが自然発生的に生まれるのも、チームワークの良さならではだと思いますね。

これからチームスピリットでチャレンジしたいこと・やってみたいことなどを教えてください!

プロジェクトの場数をもっと踏みたいですね。

現場での経験は営業を含めるとかなりあると自負していますが、導入コンサルタントとしての場数がまだ足りていないと思うので、もう少し経験を積んでいきたいと思っています。

私は自分自身の業務領域を広くして「全部できないとダメなタイプ」と考えているので、どんな仕事でもできるようにしたいと思っています!

小澤さん、ありがとうございました!

週末は家族でキャンプ。0歳の娘さんもキャンプデビューしたそう!

17 件

関連するタグ

募集職種一覧

関連する記事

  • お客さまの組織や業務プロセスの改善に寄与するカスタマーサクセス

    お客さまの組織や業務プロセスの改善に寄与するカスタマーサクセス

    私たちはVISIONに「個を強く、チームを強く。」を掲げています。 一人ひとりが一等星のようにキラリと光る魅力を持ち、チームスピリットの成長を牽引しています。 そんなチームスピリットを支えるお仕事人とお仕事ぶりをご紹介していきます。 今回ご紹介するのはCustomer Success DivisionでCSMチームとして躍している中山慶彦(なかやま よしひこ)さんです!

  • 元開発者としての知見を活かし、エンタープライズ向け製品の品質を守る「QAエンジニア」

    元開発者としての知見を活かし、エンタープライズ向け製品の品質を守る「QAエンジニア」

    私たちは VISION に「個を強く、チームを強く。」を掲げています。 一人ひとりが 一等星のようにキラリと光る魅力を持ち、チームスピリットの成長を牽引し ています。 そんなチームスピリットを支えるお仕事人とお仕事ぶりをご紹介していきます。 今回ご紹介するのはService Development DivisionでQAエンジニアとして活躍している河西 樹菜里(かわにし きなり)さんです!

  • 異業種からのチャレンジ。営業として着実に成長を実感

    異業種からのチャレンジ。営業として着実に成長を実感

     私たちは VISION に「個を強く、チームを強く。」を掲げています。 一人ひとりが 一等星のようにキラリと光る魅力を持ち、チームスピリットの成長を牽引しています。 そんなチームスピリットを支えるお仕事人とお仕事ぶりをご紹介していきます。 今回ご紹介するのは Sales&Marketing Divisionでアカウントエグゼクティブ(法人営業) として活躍している大和田 優志さんです!